エスニックビストロ パラパ

都会の喧騒を忘れてリゾート感覚が味わえるレストラン

施工[設計・施工] 株式会社 成和 我喜屋亮氏
撮影2017年3月
JR新宿駅東口から直結徒歩1分のビル5階に「エスニックビストロ パラパ」と「ステーキ&イタリアン グリアンテ」の2店舗はあります。 エキゾチックで解放的な雰囲気の中でフレンチシェフが作る創作料理を楽しむことができるのが「パラパ」。

この空間デザインを手がけたデザイナー様にお話を伺いました。
お店名のパラパには、どんな意味があるのですか?

「南国のリゾート地で目にする『ヤシの葉の葺き屋根』という意味があります。」

店舗デザインにあたり、何か工夫はされたのですか?

「コンセプトは『リゾートとエスニック』でしたが、南国リゾートの水上レストランをそっくりそのまま再現するのではなく、あえてモールディングを随所に用いることで、変化を取り入れ高級感や清潔感を演出しています。」

そのほかに心がけていた事などありましたら聞かせてください。

「リラックスして寛いで食事を楽しんでもらいたいので、白やパステル系の配色を意図的に用いました。このモールディングが高級感と居心地の良さの絶妙なバランスを生んでいます。」

本格的なエスニック料理などを食べることができ、女子会や結婚式の二次会などでも数多く利用さている「パラパ」は、若い年代層で今日も楽しく賑わっています。

ホール内装